鮫ちゃんの得意なリフォーム

はじめにお読みください

こんなふうに困ったことはありませんか?
  • まだまだ現役!元気に仕事を続けていきたい!!
  • 夫婦の時間をゆっくり過ごして行きたい。
  • 今まであまりできなかった趣味に没頭してみたい。
  • 孫が生まれた!一緒に遊びたい!!
ひとつでも当てはまった方は、私と同じ「まだまだ元気にやっていきたい」アクティブシニア!
そんな生活にふりかかる危険が みなさんの家に潜んでいるのを知っていますか?

家に潜む5つの危険ポイント

浴室・脱衣所
浴室・脱衣所
浴室は家の中で最も事故が起こりやすいところです。
部屋と脱衣所に温度差があると、血圧の変動も発生しヒートショックを引き起こす可能性もあります。
浴室のシニアリフォームを考慮する際は、転倒の危険を取り除き、 部屋と脱衣所の温度差を少なくし、心臓への負担を軽減する工夫が必要です。
トイレ
トイレ
トイレも寒暖の差が激しい部屋の一つです。
また用をたす際の腰の上げ下げも、身体が不自由な方にとっては重労働になります。
トイレのシニアリフォームを考慮する際は、腰の上げ下げの簡易化を考慮するとともに、 温度差を少なくし心臓への負担を軽減する工夫が必要です。
寝室
寝室
長時間快適に過ごすことができるように、就寝中も健康状態が急変した際の安全対策なども、考慮する必要があります。
寝室のシニアリフォームを考慮する際は、採光や通風、遮音などの快適性に配慮します。 介助が必要になることも考えスペースを確保、床は滑りにくくし、寝室の隣にトイレの設置を考慮する必要があります。
階段
階段
一般住宅では手すりの設置が、建築基準法では定められていません。
手すりをつけると場所をとってしまうので、付けた方が良い場所にもついていない場合があります。
階段・廊下のシニアリフォームを考慮する際は、滑ってしまうと大変危険なため、 滑り止めをする等の工夫が必要です。階段に薄手のカーペットを張り付けるなどして、滑り止めを施すといった考慮が有効です。
玄関・エントランス
玄関・エントランス
一般住宅での玄関の段差は大きいです。足の不自由な方は、玄関を上がることが難しい状況になりかねますので考慮が必要です。
その危険をシニアリフォームアドバイザー鮫ちゃんが解決します!
鮫ちゃんがお客様のご要望をじっくり伺います。

まずは、お客様に聞く事。何が不自由か?どうして欲しいのか?どうやったら解決されるのか?これをしっかりお伺いします。

鮫ちゃんが伺った話をもとに、不自由さを再現します。

肩が不自由、足が不自由、手が不自由というお話をお客様から伺ったら、実際に再現して実験してみます。みずから体験してみて、解決策を一緒に探していきます。

鮫ちゃんが3次元の立体的な絵をお見せしながらゆっくりとお伝えします。

日光にはまだまだ、昔の間取りが多く、北側に水まわりなどがあるのが多いです。寝室を中心とした導線設計をお勧めします。暖かく暮らしやすいようにプランをご提案します。現在の図面を基に寒さ対策を含めたリフォームの内容を3次元の立体的な絵をお見せしながらゆっくりとお伝えします。

鮫ちゃんが家だけでなくお庭のお手入れも引き受けます。

シニアの方は、庭のお手入れも大変。手入れをなるべくしなくても、美しい庭にする提案もいたします。

鮫ちゃんがお客様に合うように何度でもご提案します。

実際にシニアリフォームをしてみても、人によってしっくりこない場合があります。何度でもお客様に合うように位置を修正いたします。

鮫ちゃんに相談してみたい!という方は、こちらから

▲ Page Top